がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2007年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追い込み・・・

我が家では夏休みの宿題の追い込みに入り、親子で自由工作をやってます。

学校の先生からは「親御さんが手伝っても構いません」と言われたものの、ヤツ(Tomo)はなかなか参加してこない・・・

これではいけない!と思いハサミを持たせてああしてこうして・・と言うものの、切り口はナナメにガタガタ。しかも本人にどこを切るのか教えるだけで重労働・・・


ものすごーーーく疲れます!!


結局私が作ってる!??


いやいや・・・

お母さんの宿題ではないですからっ!

頼みますよ!マジで。


で、何を作っているのかと言うと、Tomoの好きな電車の『かいじ(あずさ)』。
旦那のアイデアで牛乳パックで色画用紙を切ってペタペタ作ってみたら?ということだったのですがこれが結構大変でして・・


こんなことならもっと簡単な物にすればよかった~!(><)


とはいえ、時間は待ってくれないし・・・
早く完成させたい・・・うーん・・・・

がんばりマス・・
スポンサーサイト
【 2007/08/30 (木) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

療育手帳フル活用

夏休みも残すところあと数日。

我が家では特別旅行へ行くこともなくほとんど家で過ごしたのですが学校の先生から「折角夏休みの水泳教室で水に慣れたところなので水泳教室のないお休み中にもプールなどで練習してください」と言われていました。

幸い市営プールは愛の手帳(療育手帳)を使うと2時間まで障害者本人と介助者1名まで無料になります。

それを上手く利用して私とTomoはあちこちの市営プールへ出掛けました。

もちろん!手帳を利用してバス代は私もTomoも半額。

ただバスは運転手さんが手帳の割り引きを把握していなくてバスカード(プリペイド)での支払いが大変。

降りるたびに手帳を見せ、「子供本人と介助者1名です」と言うのですが現金払いのときはこちらからお金を入れるだけなのですがカードだと運転手さんが料金を機械に設定してからカードを通すため運転手さんが子供と大人2人分半額だということを理解していないとスムーズに行かないのです。

特に我が家の住んでいる地区は運賃が一律ではなく、降りる場所によって料金が変わる整理券制。
正しく理解をしている運転手さんなら機械に心障割引のボタンを使って
スムーズに対応してくれるのですが、ほとんどの運転手さんは大慌て。

時には「面倒くせえな」と面等向かって言われたこともあります。

4月に手帳を取ってからカードでスムーズに正しくお金を払えたのは1回だけかも・・・。

でもバスカードだと5000円分で850円分もプラスされるのでかなりお得ですし、交通手段がバスしかない我が家では面倒でも乗るしかないんですけどね・・・。

夏休み中は市営プールの他に私とTomo2人で東京サマーランドへ行って来ました。

実は数ヶ月にも幼稚園のときのお友達たちに誘われサマーランドに行ったのですが、その時はTomoは1つのプールに留まることなくあちこち歩き周り、全くと言っていいほど集団行動ができず私はTomoを追いかけるだけでヘトヘトになってしまいました。
初めての場所だったこともあってこだわりも強く出てトイレ1つ行くにも抱え込んでいく状態で一緒に来ていたお友達にも迷惑をかけてしまい精神的にも参ってしまった場所でもあります。

しかしながらTomoは再び「東京サマーランドいく!!」と言って聞かず、2人なら誰にも迷惑をかけることなくTomoのペースで大丈夫かも・・と行くことに。

なんと東京サマーランドでも手帳が使えました。
本人と介助者1名まで入場料(プールのみ)が1500円!!HPを見るとシーズンオフは900円だそうな。

2人合わせても通常料金の1人分より安い!!

そうは言ってもプールではやっぱり介助するだけでいっぱいいっぱいでして・・混雑するプール内でトラブルは起こさないか、走り回って怪我をしないか、人ごみで見失わないか・・など神経ピリピリなわけでして・・。

Tomoは黙っていても私がちゃんと着いて来ると思い込んでいるので後ろを気にしつつもどんどん行こうとするので私もその度に「一人で行かないの!お母さんを待つ!」と怒鳴りっぱなしでした。

さすがに私が腕を組んで無言で「Tomo!!」と怒鳴ったときはTomoはヤバイ・・という顔になり「ごめんなさい」と言って私を待ちながら歩くようにはなりましたが・・私がよほど怖かったのでしょう。(苦笑)

2人きりのサマーランドは気楽ではありましたが正直ちょっと寂しかったな・・・。
でも多分Tomoは2人きりのほうが私に怒られる回数も少なくて済みますし自分のペースで楽しいのでしょうけどね・・。


夏休みの後半には横浜の私の実家へ帰り、八景島シーパラダイスへ遊びに行きました。

そこでも手帳を利用。

水族館とドルフィンファンタジー(イルカの水族館)、ふれあいラグーンのセットのチケットが本人と介助者1名まで半額で入れました。

家族3人合わせても5000円以下!


イルカたち


お天気も良くてイルカたちを見るにはさわやかな1日でした。

シロイルカ


一番のお目当てだったふれあいラグーンではペンギンにさわることができましたがイルカには触れず残念!

東京湾の砂地や岩地を再現してそこに暮らす生き物に触れ合うことのできるプール(?)では沢山の子供たちで大賑わい。Tomoも膝まで服をまくって入りましたが彼女は生き物どころではなく水遊び状態・・。
10分ほどで私が撤退命令を下しました・・

結局Tomoが一番楽しそうにしていたのは館内のゲームセンター。

最近「ようこそセガへ」のCMが大好きでネットでも「ようこそセガへ」のHPに釘付けになるほど。

丁度シーパラにもあったんですよねー。「ようこそセガへ」の旗が。

どうしてここまで来てゲーセンなのさ~!

はぁ・・・
Tomoのために来たとは言え、なんだか不完全燃焼の夏休みだったのでした。

あ、そうそう、手帳をお持ちの方、割り引きの有無は窓口に書いてないことがほとんどなので(サマーランドもシーパラも書いてなかったし・・)事前にHPでチェックされるか直接ダメもとで窓口で聞いてみるといいですよ~!


【 2007/08/29 (水) 】 日記 | TB(0) | CM(0)

発達検査

早いことに夏休みもう後半に入ってしまいました。

この暑さで近所の公園へ遊びに行くと行ってもしんどいし,
何処かへ連れて行くと行っても我が家からじゃ駅に出るまでもバスで30分・・・バスのドアの開閉の度に時にはプチパニックになってしまうTomoを連れての外出はペーパードライバーな私にはちょっとした決心が必要なわけでして・・・

なんだかんだ理由をつけて結局は家にカンズメなんて日も多々あり・・

親子で2人でクーラーの効いた部屋で煮詰まってたりしてます。(;^_^A アセアセ・・・


そんな中、数ヶ月ぶりに発達検査のため療育センターへ行って来ました。

今回は2回に分けて行なわれたのですが今回も田中ビネー式。

ビネーは視覚的な検査が多いので結構高めに数値が出やすいんですよね・・。
ちなみに去年はIQ67。一昨年は68。

今回はまだ結果は出てませんが学年的に上になってきたこともあり言葉に関する問題が多く、ちょっとビミョーな感じ。

例えば「この絵の中で間違っているところを教えてください」なんていう質問では雨の中でバーベキューをしている絵を見て「これーとこれー」と雨を何度も指差すものの「雨が降ってるのにバーベキューしている」とは答えることはできず、他の絵を見ても間違いは全部指差しと「ここ!」と指摘できるのに言葉で説明できない・・なんて感じでなんとももどかしい感じ・・。

他にも2枚のカードを出され「この絵とこの絵でどこが違うか教えてください」なんていう質問に対してTomoは説明が理解できず、なぜか1枚づつ「○○と△△」と指差して描いてあるものを答え、なぜか「○○!」と1枚のカードを選んでるし・・・。どうやら彼女、2択問題と勘違いしてたらしい・・。

あ、そうそう、笑える回答も多数ありました。

例えば「『あ』のつく言葉を教えてください」という質問になかなか思いつかなかったらしく、「あ、あ、あ、・・・開ける!」と答えたあとに「あ~・・・あ~・・・開けない!」「あ・・・あ・・・遊ばない!」「あ・・あ・・遊ぶ!」と、なぜか動詞とその否定語を連発・・。

他にも『さ』のつく言葉では「咲く!・・さ・・・さ・・・咲かない!」とまたもや苦しまぎれの珍回答・・。

入学前に通っていたSTでも散々やってたのにな~「○のつくことば」・・。

まぁ、以前もスラスラできたわけではないですが・・やっぱりそういう想像や発想をする力は十分ではないのでしょうね・・。

でもその一方、赤と黄色のチューリップがバラバラに置いてある絵を出され、「赤いチューリップが6本あります。黄色いチューリップは4本あります。ぜんぶで何本?」という質問にはTomoは一生懸命自分の指を折りながら数えていましたが「9本!」となんとも惜しい回答になってしまいました。でも途中から絵を見て答えていいんだということに気が着きちゃんと数えてなんとか「10本」と正解を答えられホッ。

でも他のひき算の質問は答えられず残念・・。

今回は口頭だけの問題も多くてTomoには難しかったなー。
でも私の予想よりは答えられてたかなー。

担当の心理士の先生も「すごく伸びましたねー」と褒めてくださいました。

ただIQというのは生活年齢に対しての数値なので去年よりは確実に伸びてはいても数値的には下がって出てしまうかもしれないと説明を受けました。

まぁ、覚悟はしてますが・・。
というか、よく今まで下がらずに来ましたわ。ホント。

でもこの数年ほとんどIQの数値が変わってなかっただけに実際に数値が低く出たらちょっと凹みそうです・・。

早かれ遅かれそういう日は来るはずなんですけどねー・・・。



検査の後、久々に療育で一緒だったA君に会いました。

A君を2歳の頃から知っていますがすごくしっかりしていてびっくりしました。

しばらく会っていなかったのですっかり大人びた顔つきのA君に気がつかずに通り過ぎようとした私に「ぼくあそこにいたのに行っちゃうんだもん~」と照れくさそうに話してくれたA君の成長にびっくりしました。

A君は就学相談で心障判定が出たそうですが親御さんの意向で普通学級に在籍しながら通級に通うという選択をしました。

私が「すごくしっかりしてきたね~」と言うとA君のお母さんは「学校でもまれてるからねー。普通級での刺激はすごい!」と答えていました。

そっか~。刺激はすごいのかぁ~・・。

心障級と最初から決めて入学させた我が家なのですが、やっぱり普通学級に身を置けるA君が正直羨ましい感じるところもあり・・・というかきっとA君だから普通級でも大丈夫なんだろうなぁ・・


かと言ってTomoに無理をさせて普通学級に入れたところで恐らくA君のような成長を遂げられるわけではないでしょうし・・・。


以前受けたことがある、とある勉強会で「必ず成長には段階がありそれを飛び越えた成長は無い」というSTの先生のお話がありました。

Tomoの成長に焦りを感じたときに思い出す言葉の1つでもあります。

つまり、その子供の成長に合った指導でなければ(しかもスモールステップで)次の段階への成長に到達できないということ。

まぁ、焦ってもしょうがないってことですな。


逆にA君のお母さんは心障学級に通っているTomoの様子が気になっていたようです。

そういうもんなんですよねー。

お互いそういう気持ちが分かっているだけに積極的に情報交換。
でも今回はA君の訓練の時間が迫っていたためあまりお話できず残念。

今度あったらゆっくりお茶でもしたいわ~と思ったひと時でした。

















【 2007/08/17 (金) 】 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。