がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2007年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悔しい気持ち

久々に書き込みなのでどれだけの人が読んでくれるか分かりませんがちと愚痴らせてください。


今日はとても悔しいことがありました。

今日はTomoと学校から帰ってから放課後に学校へ遊びに行こうと約束をしていました。

Tomoは4時間目までだったので家に帰ってから6時間目の終わる時間まで学校と公文の宿題をやりました。

宿題も終わり待ちに待った放課後の学校へ自転車に乗って出掛けました。


Tomoは学校のブランコにこだわりがあり、右から2番目でないと気持ちが落ち着きません。


私とTomoと2人で学校のブランコが視界に入ったとき、まだ周辺には誰もおらず、ほっとしていたのですが、どこからか4人の3年生の女の子が現れました。

するとTomoの目の前でブランコに乗ってしまいTomoは「Tomoちゃんここー!Tomoちゃん乗りたいー!」と騒ぎ出しました。

私はTomoを抱え込み、「順番だからね。待ってようね。」とブランコの端まで連れて行きなんとかなだめようとしました。

しかしTomoの気持ちは治まらずこだわりの右から2番目の女の子の前で「ブランコ乗りたい!ここ!ここ!」とその女の子に訴え始めました。

その女の子は私が少し離れたところから見ていたのを知ってか知らないかTomoに「うるせぇな。バカじゃねぇの。何言ってるか分からねぇよ」と言い出しました。
あまりにひどい口ぶりに私もカッとしつつ、Tomoをその場を離れさせようとするとその子は仲間の子に「ここ使っていいよ」と言ってTomoの前で替ろうとしていたのでさすがに私もカッチ~ン!!!

「ねぇ、次この子(Tomo)だよね。待ってたよね。知ってるよね?」

と詰め寄ると「はぁ?何言ってるか分からないしー」というようなことを何度も言い出したので私はその4人の中にお母さんを知っている子がいたのと同じ学校にいて唯一女の子の心障学級にいるTomoを知らないはずがないと確信していたので「だって言葉が上手に話せない病気なんだから上手く話せないのはしょうがないでしょ!」と言いました。

3年生の子に「病気」という表現が良かったかはわかりませんが低学年の子にはTomoのことを聞かれたときはいつもこの表現を使っています。

「なんでここじゃなくてもいいじゃん。」と言いだすので「この子にとってここが一番落ち着く場所なの。」と言ったのですが「さぁ?分かんない」ととぼけたような馬鹿にした風な顔で私に言うのでもうコイツに何を言ってもムダだと思い、それ以上は何も言いませんでした。

私もこの状況に子供たちにどう説明したら良いか熱くなりつつも答えがみつからず・・Tomoに「こういうときどうやって説明して分かってもらったらいんだろうね・・・。お母さん分からないや・・」とポツリ漏らしてしまいました。

4人の女の子のうち一人のお母さんを知っている子は小さな声で「だって○○学級にいるんだもんね・・」と言っていました。

多分お友達に逆らえなかったのでしょう・・・

女の子たちはお菓子を食べ始めブランコから立ち退いたのでTomoは座り上機嫌にブランコを漕ぎ始めました。

私も女の子たちに「皆で遊んでいるところ邪魔してごめんね」と謝った後「譲ってくれてありがとうね」とお礼を言いました。

一応女の子たちは頷いてはいましたがそのTomoに暴言を吐いたリーダーの子はポーカーフェイスで腹の中は大人に舌を出しているのが見え見えでした。

でもTomoのためにこれ以上感情を出すのは止めました。
学校に行ったら私が四六時中Tomoを観察することはできません。

私が発した言葉や行動でTomoに危害が加わるようなことは避けたかったのです。

そのうち女の子たちはどこかへ行ってしまいました。

Tomoはやっと一人で思い存分ブランコ楽しみました。

20分ぐらいするとまた女の子たちがやってきました。

するとさっきTomoに暴言を吐いた女の子がTomoに指差して「貸して」と言い出しました。

他にブランコが空いているのにです。

Tomoが落ち着く場所だと説明したにもかかわらずあえて言い出したのだとすぐに分かりました。

でもさっきはTomoもここがいいとわがままを言って代わったのですから例え他の場所が空いていてもここがいいと言うのなら交代しなければなりません。

私が「Tomoちゃん、おねえちゃんブランコ代わって欲しいんだって。」と言うとTomoはひとまず気が落ち着いたのかすぐに降りました。

そしてその女の子に代わるとTomoが「お姉ちゃん終わったらTomoちゃんねー」と言うので私はこれ以上トラブルになりたくないという思いから「Tomoちゃん、今日は暗くなってきたから帰ろうね」と言ってなんとか帰る方向へ。Tomoもなんとか分かってくれ「こんどねー」と言って自転車に乗ってくれました。

子供相手に大人気ないと思われるかも知れませんが本当はもっともっとその子に言いたいことがありました。

そしてTomoに暴言を吐いたことも謝らせたかった・・・

でも正直どこまでこういう難しいタイプの子に立ち入って接していいのか迷いました。

幼稚園のときのようにTomoが話せないことをいいことに先生の見えないところで一方的に叩かれていたり、暴言やいじめがあってもTomoの口から聞きだすことはできません。

とにかく私はTomoを守りたかったのです。

でもこれで本当に良かったのか・・・
何も子供たちには伝わらなかったのでは・・

とモヤモヤしています。

そしてTomoが目の前で馬鹿にされていたのに即座に言い返せなかたことがとても悔しく思っています。

これからこういう出来事は増えていくんだろうな・・と思うと1つのことにこだわらずに前に進行かねば・・とも思うんですけどね・・。


母はもっともっと強くならねば・・・
ガンバリマス








スポンサーサイト
【 2007/10/30 (火) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

お久しぶりです

もう10月も終わりです・・。

Tomoも元気に学校へ行っております。
成長の大きな変化・・・うーん・・・特に・・ない・・かも??

あ、そうそう、うちのテレビは番組表が出るのですが番組表を覚えるのがすっかり得意になり、何曜日のいつに何の番組をやるのかバッチリ頭に入っているという自閉っ子らしい~特技ができました。

しかし、この特技、私や旦那がテレビを見ていると「よんー!!よんー!!」だの「ろくー!!」だの叫んで別の部屋にいたはずなのに音でかぎつけてチャンネルを回されてしまう・・・自分の頭の中にある番組じゃないと駄目みたいでして・・・こんなところにこだわりがでるとは・・


それと独り言がヒーートアップしましたねぇ・・


==つづきは後ほど===



【 2007/10/24 (水) 】 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。