がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2011年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月最後の日

明日からもう4月になるんですねー。

Tomoは明日から5年生ということで今日で最後の学童保育へ行っています。

ご報告が遅れましたが去年の秋から通っていたホームヘルパーの学校ですが1月中に全ての実習、授業が終わり、2月に無事、修了証書を頂きました。

実習の日程の関係でどうしても平日の夕方までTomoを預かってもらう場所が必要になり、学校に隣接している学童保育に求職中という扱いで2ヶ月間籍を置かせていただくことになり、現在に至ってます。

当初、この2ヶ月の期間に4月以降の放課後の預け先を探す予定だったのですが、市役所の障害者福祉課などへ行っても全くと言って良いほど情報が無く、市内の障害者のデイサービスや日中一時支援の施設が文字のみで説明が書いてある冊子を1冊くれただけでした。

しっかし・・あの職員のやる気のなさ、障害者福祉課にいながら全く条例を把握してないし・・

こちらからの質問には全く答えることができないし・・

税金ドロボーとしか言いようがないっすわ!!
(ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー)

やっぱり3年に一度ペースで部署が変わるっていうシステムに問題があるのかしら~?
(市民から言わせたらただの言い訳に過ぎませんけど!!)


 市内でも私の住んでいる地域は元々そのような施設は無いことはおおよそ分かっていたので、学校や自宅から送迎のあるデイを探していたのですが、利用したことのある方の話を聞くと入所に5,6万は掛かり、他に月に5~6千円(曜日ごとに水泳やパン作り、陶芸などどの活動を選択するのかにもよるようですが・・。)で、活動内容によってプラスα掛かるというお話でした。

 更に送迎をしてもらう場合は1回ごとに別料金・・旦那に相談したらとりあえずそのような高額なデイ以外に他の方法を探そうということになったものの、有力な情報がないまま時は過ぎ、最近になって学校の近くに障害者のデイサービスができるという情報を得たのですが、学校からの送迎はしてないそうでして・・

普通の5年生でしたら難なく行ける距離でもTomoにとっては一人では難しい場所です。

学校からほんの10分も掛からないところなんですけどね・・。
交通量のかなり多い信号を渡らなければならず、Tomoには難しい場所だと思います。

せめて信号のところだけでも誰か見ててくださると助かるのですが・・・。

利用するなら私が送迎ができる夏休みなどの長期の休みなどが有効かもしれません。

はぁ~・・。やっぱり学童保育が一番立地的にも学校と連携がしっかり取れているという面でもいいんですけどね・・。

特に最近は地震のことがあってから学校とは全く連携のない場所へ預けるというのは不安も感じます。

もしTomoが外で一人で歩いている最中、災害にあったら・・とか思うと、やはり私が家にいてすぐ飛んでいけるようにしておいたほうが・・とか考えてしまいます・・。

考えすぎかもしれませんけど・・。

この前の地震以来、ちょっと過敏になってます。

両親共の親戚に被災者が出て毎日情報収集をしていたというのもあるのかも知れません。

自分が被災したわけでもないのに少々気が滅入ってます。

はぁー・・・・。

それと・・・

昨日、行方不明だった父の親戚2名が遺体で見つかりました。

元々海の近くに住んでいたのですが波に押され、2人共山で見つかったそうです。

20日近く経ってやっと・・です。

まさか山で見つかるなんて誰も思っても見ませんでした。

津波の力がどんなものだったのか・・・

突然の黒い波に呑まれ、さぞかし怖い思いをされたことだと思います。

親戚のことでありますが、どうぞ安らかにお眠り下さるよう、お祈り申し上げます。
スポンサーサイト
【 2011/03/31 (木) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

複雑

実家の母から津波から逃げ切った父方の親戚のおじさんの話を聞きました。

おじさんは津波の警報が鳴ったとき、家族を車に乗せて急いで高台に逃げようとしていたそうです。

そしてすぐ裏の家に住むお姉さんを乗せて行こうと声を掛けたら高台に家がある安心感からか車に乗ろうとはせず、2階に上がって「後で行くから」と行っておじさんたちを先に行かせたそうです。

おじさん一家は津波から逃れようとする車でいっぱいの坂道を必死に上がったそうですが、後ろから付いてきた車は目の前で次々波にのまれてしまったそうです。


気が付くと自分たちの住んでいた家も水が押し寄せ、おじさんとおじさんのお姉さんの家は流されていたそう・・・。


ここ数日両親の頼みでそのおじさんのお姉さんの名前を探していて先日名前を見つけました。

それは宮城県警のまだ身元確認をされていない持ち物などから推測される遺体の名前が書かれているページ・・・

私はおじさんのことは小さい頃からよく知っているのですがおじさんのお姉さんはあまりよく知りません。

でも名前をみつけたとたん胸がドキドキしてしまって・・・

そして、昨日、現地に住む別の親戚が確認に行ったら同姓同名の違う人だったということを母から聞きました。

ホッとして思わず「良かったー」と言ってしまったけど全然すっきりしない。その言葉を発した後に言うべき言葉ではなかったと後悔しました。

同姓同名のその方の苦しさ、悲しさ、無念さ、ご遺族の気持ち・・・

確かに失われた命があるという事実・・・

「良かった」なんてことはどこにも無いのです。


昨日テレビで父方の親戚が多く住んでいる被災した地区の様子が放送されました。

波が2番目に高い地区だったとは聞いていたのですが家屋の屋根すら残っていない状況に言葉を失いました。

依然、行方の分かっていない親戚の人数は減っていません。

親戚の中には身内に行方不明者を抱えながらも避難所を転々としながら住んでいた土地を離れた人もいます。

もう見つからないと思わざるを得ない、それだけ壊滅的だったそうです。


小さい頃から祖母の故郷のこの辺りの海産物を親戚に送ってもらってよく食べていました。

牡蠣は特によく・・・

私は祖母の故郷には行ったことはありませんでしたが父からよく話を聞いていました。

祖母がきっかけで横浜へ出てきた親戚が大勢いたんだとか。

今でも実家の近くに宮城から出てきた親戚が沢山住んでいます。

そして母の故郷でもある宮城。

テレビを見ていると本当にきついです。

胸が痛い。

でも気になってやっぱり情報として知りたいと思って見てしまいます。


今、原発の問題、停電の問題、ガソリンや物資不足の問題、いろんな問題が直面し、経済にも大きく影響が出てきていますが、東北の人たちが本当に頑張ろうという気持ちになれるように、日本がまた元気になれるように、私も日本を愛する日本人として粘り強く、そして社会に貢献できるよう、頑張りたいです。
【 2011/03/26 (土) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

計画停電に水ショック。

震災から今日で2週間になります。

関東では計画停電が実施されています。

東京23区(足立区の一部では実施されているようですが・・)は除外されているとか・・。

同じ東京都内でも市部の我が家は適用地区になってます。

事前にスケジュールは公表されてはいるものの、直前に中止!とか2度目があるかも?何て日もあり、これが計画的なのか???とギモンに思うことも・・・。

私が住む地域では今まで4度の停電が実施されましたが、昼間の停電はさほど大変ではないのですが、夜の6時20分~10時までの停電は正直、きつい!

停電の時間までに子供をお風呂、宿題、夕飯、全て終わらせないといけないですからね・・・。

小さなお子さんが何人もいるご家庭は本当に大変だと思います。

自閉っ子Tomoちゃんを抱える我が家もいつもと違う時間にいろんなことを済ませて急がせるというのは結構大変でした・・。

しかもその挙句、真っ暗になってしまうんですから・・・。

Tomoにとってはパニック★パニック★ですよ~。

一応外の車のライト分ぐらい部屋を明るくしてくれるかしらと雨戸を閉めずにいましたが、外は街頭も自販機も真っ暗・・・。しかもシーーーーンとしていてなんともいえない不気味ささえ感じます。
雨戸は開けてるほうが余計に怖く、明るさもあまり意味がないので結局閉めました。

Tomoはすっごく不安そうでしたがDSのゲームでなんとか気を紛らわせ、1時間もすると少し暗さになれたようで電池式のLEDライトを手元に置き、学校の宿題もできました。

計画停電は夏まで行われるとか・・。

夏は大変そうですね・・。

扇風機もエアコンも使えないわけですし、冷蔵庫のものもどう保存するか考えてしまいます。
一応保冷剤を100均で買ってきましたが。

今の時期は停電も冷蔵庫のものもそのままで大丈夫ですけど、去年のような暑さだったらどうなってしまうことか・・。

今年は品不足にならないうちに早めにすだれや窓の熱を遮断するようなグッズの準備もしないと・・。

そして最近知ったのですが・・横浜の実家・・・

まだ停電が一度もないとか!!

23区以外にそんな場所があったことにびっくり・・。

どうやらその想像の範囲での理由付けとしては役所関係の中枢系の建物が近いから・・とか駅が近いから?とか色々母が言ってましたが・・・

我が家の最寄のJRの駅周辺は停電が実施されていましたけど??

便利な地域な人はこういうところでも優遇されるのかーっ!とか思ったりして・・。

でも東北の被災者の方々のことを考えればこんなこと思ってはいけないんでしょうけど・。

東京ではここ数日、水道水の中から食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値以上の数値の放射性ヨウ素が検出された問題で店頭から水が消える状態が続いています。

やっとここに来てカップめんや米、パンや牛乳などが店頭に並ぶようになったところだったのに、今度は水とは・・。

ちなみにわが市の水も検出はされているようですが基準値内とのことです。

が、皆さん心配なのでしょう・・・ね?

ま、私はガブガブ水道水飲んでますけどね。

もちろんTomoも旦那もガブガブ飲んでます。

でも小さなお子さんのいるお宅で飲ませたくない!っていうのはすっごく分かります。

なので・・

必要のない方は水道水で!

それが大人の対応ではないでしょうか・・ね?




停電中

↑停電中はカーテンレールに自転車のLED補助ライトをつけてこたつの上を照らしてます。他手元にもLEDライトと余震用(緊急地震速報用)にラジオを置いて、電気のついていないこたつで家族みんなでじーーっと過ごしてます。仕舞いには寝てしまうことも・・・←暗いと眠くなる・・・人間の本能のままに・・・


【 2011/03/25 (金) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

震災から12日・・・

あの大震災から12日が過ぎたんですね。

震災直後、テレビから生放送でただただ津波が町を飲み込んでいく様子を見るしかなかったあの映像が夢だったら・・と願っていましたが、日にちが経てば経つほど重い現実なんだということを実感しています。

心配していた親戚の安否ですが、母方の実家は震度7だったとは言え、内陸だったため玄関が崩れたり壁にヒビが入るなどの損害はあったそうですが伯母や従姉弟たちは全員無事で現在も自宅で生活しているということが分かりました。

一方父方の石巻の親戚ですが、悪い予想は的中し、父の従兄弟たちの家は津波で流されていました。今分かっているだけで親戚5軒中、1軒だけ流されずに済み、今も父の従兄弟や伯母など5名の行方が分かっていません。

父に頼まれて消息不明者の検索に掛けたり避難者名簿で探したりしているのですが見つかりません。

名簿が公表されていない避難所も多いのでどこかの避難所か、個人宅などで避難できていればいいのですが・・・。

唯一流されなかった1軒もあと10メートルというところまで波が来たそうです。海から1.5キロほどの高台の場所だそうです・・。

流された家の方もかなりの高台に建ってた家もあったそうですが丸ごと流されたそうです。

どれだけの威力だったのか、そしてどれだけの人がのまれてしまったのか・・・考えただけでも言葉を失います。

今回の震災で亡くなれた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

【 2011/03/23 (水) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

お見舞い申し上げます

久々の更新です。

まずは、東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

私は最初の地震発生時(午後2時46分ごろ)自宅にいました。

家が大きく横に揺れているのを感じ、家具の転倒の危険を感じすぐに外へ出ました。

窓から顔を出した近所の方にも声を掛けて外で家の状態を見ていました。

幸いにも家具の転倒などは起こらなかったものの、家が大きく左右に揺れてるのが見て取れ、揺れは4~5分にも感じるほど長く感じました。

その時、直感的にどこかで大きな地震が起きたのではと思いました。

気がつくと大きな長い揺れに不安を感じた他の近所の人たちも皆家の外に出てきていました。

東京都下の我が家は震度5弱。

横浜の実家でもかなり揺れたそうですが両親は無事だそうです。

(Tomoも無事で学校では集団下校になったそうですが、現在学童保育に行ってるTomoはそのまま学童で夕方まで通常保育を受けました。)

揺れが治まったのを見計らって家に入り、テレビを見ると宮城県の栗原市で震度7の表示が・・・

母の実家がまたもや震源地になっていました。

栗原市には私の従姉弟たちや伯母たちが住んでいます。

以前も何度も大きな地震が起きているところですが、2008年の岩手・宮城内陸地震では土砂の生き埋めで母方の親戚が亡くなってます。

母が大きな地震の度、伯母の一人に電話をすると「いきてるよ~壊れてないよ~」なんて半分冗談まじりでいつも無事を伝えていたそうですが、今回は電話も通じず、栗原市のテレビからの情報も全く無く、状況が全く掴めてません。

栗原市のホームページはサーバーダウン・・・。

どうなっているのか・・・。

伯母さんたち、従姉弟たちは無事なのか・・・


午後3時ごろテレビからの情報は大きな津波が押し寄せ船やコンテナが住宅街に押し寄せて流れていく映像がリアルタイムに流れ出されていました。

石巻の港近くにも漁師をしている父方の親戚が住んでます。

次々目に飛び込んでくる信じられない光景・・・

そして深夜に何度も流れる緊急地震速報・・・。

次々変わる震源地・・・

大規模な余震・・

これからどうなってしまうんだろう・・・。

福島では原発がかなりの被害を受けたようで・・・

旦那が大学、大学院と原子力を学んできた人なのでニュースの少ない情報から先取りに旦那から説明を聞いていて、本当に旦那が予測してる状況になっているので心配しています。

昨日の朝まで世の中の経済、政治、社会、いろんなことに不満感じ、将来に不安を抱えていたけれど・・

今はそんなことどうでもよくなってきました。


とにかく


生きること。


関東・東北の被災地の皆さんの無事を心からお祈り申し上げます。
【 2011/03/12 (土) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。