がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2011年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また地震!

昨日、夜11時46分ごろ、宮城で震度6強の地震がありました。(また46分!震災→午後2時46分)

その頃、私は旦那と2人でテレビを見ていたのですが緊急地震速報が流れ、東北から関東までかなり広範囲の揺れの予測が出ていました。

画面に出た地図を良く見ると東京の市部は揺れの範囲に入って無かったのですが・・思い切り揺れました。

東京は震度3だったのですが、もっと揺れたような感じがします。

揺れてる時間がすごく長くて11日の震災の頃とそっくりのような・・・。

2階で1人で寝ていたTomoを見に行きましたが、地震で目を覚ましたようで目はうつろに開けてまだ揺れている中指しゃぶりしながらすぐに寝てしまいました。

どうやらTomoにとって地震はそれほど怖いものだと感じていないようです。

筋金入りのマイペースです・・・。

震災以来、何度も余震が来たり、緊急地震速報が流れたりしていたのでテレビはテレビ台に、食器棚などは壁に固定していたので以前よりも不安はありませんでした。

それにしても緊急地震速報って、何度聞いても慣れませんね・・。

毎回ドキドキします。

昨日は津波警報や注意報も出て被災地の皆さんは眠れない夜を過ごされたことと思います。


私も親戚の中に津波で自宅避難をしている家があったので心配していました。

深夜でしたしまだ電気も通ってないと聞いていたので津波の情報も無くてそのまま津波が来たらどうしようかと・・

結局津波が来なかったので良かったと思っていたのですが、負傷者や死者も出たようですね。

折角救われた命だったのに本当に心が痛みます。


母の実家もまた震度6強という大きな揺れに遭いました。

母にまだ聞いてないので分かりませんが、震災後、母の実家を継いでいる伯母が「おれが(自分が)生きている間にあと何度地震に遭えばいいんだ?」と泣き声でかなり気を落としていたそうです。

大丈夫かなぁ・伯母さん・・・。伯父さんは数年前に亡くなってるのですが、従姉弟たちが一緒なので大丈夫だとは思いますが・・・。

震災の時に家が一部損壊していると聞いていたのでちょと心配してます。

それにしても落ち着きません・・・。

関東大震災以来、大きな地震が来ていなかった東京にもいつか大震災に遭うのではとふと思ったりしてしまいます。

何気に富士山とか大丈夫なのかなぁ・・とか思ってたりするのですが・・・。

原発も以前深刻な状況ですしね・・・。

まだ震度6強の余震の恐れがあるそうなので東北、関東地方の方はお気をつけ下さいね。


一番ダメなのはこのしんみりムードをいつまでも引きずってしまう事かも知れませんね。
日本全体の経済が活性化されることは被災地の復興にも繋がって来ますからね。

被災地の方たちは日々復興しようと頑張っているのですから・・。

被災地以外の私たちは日本が元気になるように自粛ばかりせず、元気にいかなねば!

気合だーーー!
スポンサーサイト
【 2011/04/08 (金) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

今日から5年生

今日から学校が始まりました。

Tomoはなんと・・・5年生になりました。


今朝、登校するときTomoが卒園した幼稚園の先生に「もう6年生だっけ?」って言われましたが、一見そう思われてしまうぐらい背も伸びて体もすごく大きくなりました。

でも中身はやっぱりTomoちゃんでして・・・

最近のお気に入りのキャラクターはピカチュウとしずくちゃん。遊び相手は2歳の頃から愛用しているミッフィーのぬいぐるみです。

寝るときも食事のときも、お風呂のときも脱衣かごに入れて、トイレのときも・・・車で出かけるときもミッフィーのために後部座席に一人分席を確保し、ミッフィーを座らせます。(Tomoは助手席)

定型発達のお子さんであれば小さいころのおもちゃなどがとっくに捨てているのでしょうけど、ずーっと興味の対象が幼いままなので我が家では幼稚園ぐらいからのおもちゃでも未だに現役です。

4年生の後半からぬいぐるみ相手から長いこと興味のなかったお人形遊びをするようになりました。

我が家には「ぽぽちゃん」と「メルちゃん」の2種類のお人形があるのですが、Tomoはメルちゃんが気に入っているようでお風呂に一緒に入って髪の毛を洗ってあげたりオムツを履かせたり、お母さんになった気分でお世話を一生懸命しています。

購入してかれこれ5年ぐらい経つんですけどね・・・。

今になって日の目を見るとは・・・。

目覚めは遅かったですが、これも立派な成長です。

もう高学年なのでそろそろ小学校の後の進路を考え始めています。

私は今のTomoを見ていると特別支援学校が適しているのでは・・と感じています。

学習面だけ見ると同じクラスにいる子供たちと同じ課題をこなしてはいますが、「状況を把握する力」や「聞く力」、そして表出言語の問題など、20名近くもいる地域の中学校の特別支援学級の大勢の中では難しいと感じています。

少人数で丁寧に指導してもらえる特別支援学校のほうがTomoも安心して身を置けるのでは・・と思っています。

一方旦那はその逆で、可能であれば本人に大変な部分があっても地域の学校で過ごしたほうが社会性が身につき、厳しい社会にも打ち勝つ力が付くと考えているようです。

旦那がそのような考えになったのは特別支援学校の教員をしている友人のアドバイスからのようです。

まぁ、私も可能であれば地域の学校を選択したい気持ちも無いわけではありませんが、中学は小学校と違ってちょっと子供たちの様子が違うんですよね・・。

特に同じ小学校の子供たちならTomoのような子にも慣れてますが特別支援学級のない他の学校の子が結構きついっぽいんですよねぇ・・。

Tomoは独り言も多いですし、一人で歩きながら大笑いしてたり、大きな声で泣いてることもあります。
ほとんどがフラッシュバックやファンタジーの状態なのですが、通学や休み時間など学校生活の中でいじめやからかいの対象にならないか・・とか気になることてんこ盛りでして・・。

実際、Tomoのクラスの卒業生でこの中学校の特別支援学級に進学したお子さんの普通学級に在籍している兄弟がクラスメイトのからかいの対象になったということを何例か聞いています。

しかもこの中学校、若干荒れ感が・・・

ついこの前も制服でタバコを買ってる姿を見てしまいました。(正しくは私服の友人に買わせていたというのが正しいですが・・・)

まぁ、中学生がタバコ・・というのは昔からよくあるって言えばありますけどねぇ・・。

温室育てにするつもりもないのですが、無理してまで行く環境でもないような気がしてます・・・。

本人は特別支援学校の中学部に行きたいそうです・・。

理由は好きなからくり時計が廊下に飾ってあるから・・だそうです。(^▽^;)

Tomoは学校の校外学習で特別支援学校の文化祭などに何度も足を運んでますからね・・・。

きっと他にも安心できる雰囲気があるのかも知れません。

ま、とはいえ、来年の就学相談と発達検査の結果次第ですね。

どちらにしても高校は特別支援学校になるんですけどね。

Tomoにとって将来の自立に繋がる道はどちらか、来年までじっくり悩みますわ・・・。

【 2011/04/07 (木) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

今も尚

実家の母からの話です。

数日前、私の実家の近くに住む父の従兄が亡くなり、宮城の親戚のおじさん夫婦が避難所から来たそうです。(以前ブログで書いた津波で逃げた親戚のおじさんとは別のおじさんです。)

他の親戚は被害の大きかった石巻や女川に住んでいたため親戚のほとんどの家が全壊しており、連絡の取れない親戚もいてとても横浜まで来れる状況ではないため、今回宮城から来られたのは家族全員無事だったというこのおじさん夫婦だけでした。(このおじさんの家も流されました。)

横浜では実家の近くに住む別の親戚の家におじさんたちは滞在していたのですが、喪服なども無かったので母や他の親戚が余分に持っていたものをあげたそうです。
 ちなみに私が昔着ていたサイズの小さくなった喪服もおじさんの娘さん用にあげました。

避難所によって支援物資に格差があるようで、おじさんたちの避難所では朝おにぎり1個、お昼はパン、夜はバナナという食事だったそうです。

更に自宅避難者はもっと大変な状況で食料や水はもっと行き届いてない状況だそうです。

又、トイレ問題は深刻で、水がまだ出ないため週に何回かトイレ掃除をしているそうですが臭いが酷く、衛生面は日に日に悪化をしているとのこと。

今日、NHKの震災関連の番組でも見ましたが水が無いことによる衛生環境の悪化は本当に深刻のようですね・・。

番組の内容になりますが・・・
ある避難所ではトイレに新聞紙を敷いて排泄物をし、それを丸めてまとめてビニール袋に捨てているようでしたが、水が無いため素手でそのような処理をしたあと十分に洗うこともできない状況のようです。

手洗いや掃除に使っているのは避難所のプールに溜まった瓦礫の混じった海水なんだとか。

アルコール消毒はある程度はしているようですが、ノロウィルスなどの場合、効果がないので被災地の医師が予防に頭抱えているとのことでした。

おじさんたちが横浜に来たのが1週間ほど前だったのですが、今も断水は続いていているようですね。

それと依然、薬不足が続いているようですね・・。

おじさんは糖尿病で普段から薬が欠かせない生活だそう。
でも避難所では3日分程度しか貰えずとても不安な状況だったそうです。

そこで横浜にいる間に病院を受診しようということなったらしく、母のかかりつけの病院を受診したそうです。

おじさんは津波で保険証も流されてしまい、身分を証明できるものもなかったそうですが、身分を証明できる人が一緒であれば大丈夫ということで無料で1か月分の薬を出してもらったそうです。


これはここの病院だけの話??と思いきや政府の特例措置として震災で被災された方は医療費が無料になるそうです。

まだ医療機関や被災者への周知が十分ではないようなのでこちらでも紹介させていただきます。


対象となるには基準・条件があります。

厚生労働省のHPに詳細が載ってます。
リンクを貼っておきますので被災された方は受診の無料の対象になるかよくお読みの上受診してください。

*********************************************
原発事故に伴い避難又は退避を行っている方等の一部負担金等の取扱いについての周知のお願い
(津波や地震の被災者の内容も書いてあります)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000169p5.html

*********************************************


ちなみにおじさん夫婦は葬儀に出席後、生活に必要なもの(特に下着など)を買って4~5日滞在後また避難所へ戻っていったそうです。

車で横浜まで来れれば色々持たせてあげられたんですけどね・・。

ガソリン不足でそれは難しかったようで、宮城県内の途中まで車で来てそこからバスを使って来たそうです。

あれからまた日が経ってますので食料の問題だけでも良くなっていればいいのですが・・。


まだ停電も続いているようです。

被災者の方も被災地の役所の方も疲れが限界に達してきているようです。

せめてライフラインの一日も早い復旧を心から願っています。
【 2011/04/03 (日) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。