がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2011年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強くなれ!

先日学校からの連絡帳に少々心配なことが書いてありました。

それは中休みに遊具で1,2年生の男の子に背中を押され泣いていたとのこと。

相手は低学年だったので故意ではないだろうと最初は軽視していたのですが、同じようなことが何度かあり、昨日もお昼休みにTomoが帰ってこなかったため先生が見に行くとその現場に遭遇したそうです。

先生の報告によると「押す」という感じではなく、あまりにもひどい行為だったそうで先生も感情的に厳しく注意してしまったとのこと。

いや、でもTomoの保護者としてはそうしてくださって有り難かったです。

Tomoに何か原因があったのかと思い、家に帰ってきてから「Tomoちゃん、1年生と2年生にまた背中押されちゃったんでしょ?Tomoちゃんがその1年生と2年生の子に何か言ったの?どうして背中押されちゃったのかな?」と聞いてみました。

最初は私の言葉の意味が理解できずオーム返し気味だったのですが、「Tomoちゃんは1年生と2年生に背中押したり何か言ったりしましたか?」再度聞くと「してないよ。言ってない」と返ってきました。


Tomoは相手の子の名前を覚えていて「○○くんは嫌いです。背中を押すから!」と言ってきました。

Tomoがこれだけはっきり人に対して「嫌い」というのは本当に珍しいことだったので心底嫌だったのでしょう。

5年生になってから普通学級の下級生たちに馬鹿にされることもあるようなことを先生からも聞いていたので段々日常化していくのでは・・とちょっと心配していました。

先生からも色々子供たちに話を聞いてくれたところ、相手の子供たちはTomoの大きな声が気に入らなかったようですがTomoには大きな否は見当たらなかったとのこと。

もしかしたらTomoに「うるさい」や何か忠告の言葉を言ったのかも知れません。それをTomoがあまり理解できずに同じような声を出してしまって手が出たのかも知れません。

Tomoに聞くと今までも同じ子供たちに何度も強く背中を押され泣いてしまったそうな・・。(Tomoが教えてくれた感じだと突き飛ばすという表現が正しそうです。)

1,2年と言うとまだイジメとからかいと遊びの区別があまり分かっていないような年齢だと思います。

だからこそ大人の忠告が無いとエスカレートしやすかったりするんですよねぇ・・。


しかし・・・

5年生が1,2年生に泣かされるとは・・・

Tomoぉ~、しっかりせぃ!


きっと泣くから余計に面白いのかもしれませんね。

多分Tomoからやり返さないということも承知の上でのことかも知れません。

中には家庭や友達とのストレスを無意識のうちに弱者へエネルギーを向ける子もいるのでそういう背景ももしかしたらあるのかも知れません・・。


でも、まぁ、当の本人はさほどその出来事を引きずっている様子もないので良かったですけどね・・。


しっかし、やられっぱなしっつーのはなんだか悔しいっすね!



Tomoの代わりに言ってやりたいですね。その子供たちに・・・


Tomoをなめんなよ!!

支援学級をなめんなよ!!



そしてTomoにも・・・

負けるな!Tomo!!


もし一方的に嫌なことをされたら泣かずに大きな声で「やめろ!あっち行け!」と言いなさいと教えました。(「やめて~」はインパクトに欠けるので・・・)


でも、できるかなぁ・・・。

Tomoは基本的に「怒る」という表現は上手く出来ない子ですからねぇ・・・。

また校庭のどこかで泣いてそうな気もします・・・。


強くなれ!Tomo!

お母さんも絶対に負けないぜ!
スポンサーサイト
【 2011/06/30 (木) 】 学校生活 | TB(-) | CM(2)

その後

先日の両親の夫婦喧嘩は父が翌日迎えにくることでようやく収束しました。

とりあえずホッとしています。

まぁ、母の言い分としてはあれこれ遠まわしな理由をくっつけていましたが、結局は父にもう少し自分や家のことに関心を向けて欲しいと言うことみたいです。

そして私に「同情して~」みたいなオーラを振りまいてきたのですが・・正直・・・


うざっ!

最初はうんうんと聞き手になろうと努力はしてみたものの、聞いているうちに限界が・・・。

あまりにも子供じみたことを言ってきてしかも周りの人間を振り回しているという状況を全く理解していない!

・・・ってことで、親に説教などしたくなかったのですが、いつの間にか説教してました。

どっちが娘でどっちが親なんだか・・・

父からの言い分も聞き、母に分かるように説明し、父にも母の気持ちを説明しなんとかお互いが「自分が悪かった」という気持ちになったようです。

やれやれ~。

父は母の迎えに来るとき「お前も子供で大変なときに申し訳ない」と10キロのお米を3袋も置いて行きました。

私が療育の移動中にTomoのパニックと格闘しているところに携帯に父から電話が来たりしていたので悪いと思ったのでしょうね。(隣でTomoが大声で泣いてましたしね。)


事実、余裕ありませんでした。はい。


昨日、実家から電話があり平和にやってるそうです。


一見落着!!?
【 2011/06/30 (木) 】 日記 | TB(-) | CM(0)

犬も私も食いません

6月ももう終わりですねぇ・・・。

今月もいろいろありました・・。

ブログに書きたいことも沢山ありました・・。

が、

気持ち的に余裕無く・・・

その原因は・・・


両親の夫婦ゲンカ。


まあ、身内の恥を全世界に公表することもないと思いつつ・・・


しかし、私も毎日母からの愚痴の電話に疲れておりまして・・


ちょっとここで吐かせてください。


原因は大したことじゃないんです。

しかし、父も母にかなり暴言を吐いたらしく母も割りと白黒はっきりさせたいタイプなので父にしつこく何か言ったようです。


それがエスカレートして母に手をあげた?事実はわかりません。母は少々大袈裟に騒ぐ人なので・・


そんでもって家を出て行けー!だの、別れてやるー!だの熱い言い合いになったようでして、母は泣き声で「いくところがない」と我が家に電話してきました。


まぁ、優しい親思いの娘ならば「うちに来れば。」と二つ返事で言うのでしょうけど、私はそんな娘でもなく、まして夫もいて家庭があるわけですから簡単に「じゃあ、おいで」とも言えず、「そんなことで家に電話されても・・・」というのが正直な思いでして・・。

年々思うのですが、親は年を重ねる度に子供への依存が強くなりますよねぇ・・。

しかも娘という立場は親からしたら何かと頼りたい存在なのか?両親と同居している兄にはそういうことは一切言わないのに私には助けすら求めてくる・・・。


しかし、私は長男の嫁。
こちらの生活があり、現在色々と抱えている問題もあります。
両親の夫婦喧嘩の仲裁をしているほど余裕はナッシングでして・・。


そちらの問題はそちらで解決をお願いします。


というのが正直なキモチ。


私がもっと心の大きい人間なら愚痴もめいいっぱい聞いてあげてナイスなアドバイスして母の気持ちを晴らしてあげれんでしょうけど・・

ダメだなー

私。

不器用すぎるっ。

つーか、愚痴を聞きすぎると今度はアラフォー独身男の兄に対する愚痴まで出てきて、「生活態度を改めるように兄妹のあんたからお兄ちゃんに言ってやって!・・」って言われたりして・・


独身の兄は両親にとっていつまでも息子であり、「お兄ちゃん」なのですが・・


私は娘というより・・


なんなんでしょうか?

母には「私は妹だから兄に偉そうなことは言えない。兄の立場を尊重してやって欲しい。」と断りましたが・・。

ま、いつまでも実家暮らしして両親に頼りきっている兄も兄なんですけどねぇ・・。(普通のサラリーマンです。)


つーか、元家族よ・・


皆大人になってくれ!


その家の長女はもう巣立ちましたので。



・・・のつもりが・・・


再度母から電話が・・・


「やっぱり家を出る!」と言い出し、関東圏に住む叔母夫婦のところへ連絡もせずに行くというのでそれは叔母さんに迷惑が掛かる!と即ストップさせ、わが家に来るように言いました。

旦那に言ってませんが・・・
まぁ、許してくれるとは思いますが・・・

正直・・気が重い・・・。


父にも頭を冷やす時間も必要でしょう。



若い頃沢山迷惑かけてきたことを思えば、恩返しと思って受け入れてあげるしかないかな・・。

娘ですもんね。




今日はこれからTomoの音楽療法があります。


駅まで出なくちゃ~。(しかもバス。パニック、こだわり起きませんように~)


夜は夕飯も作らないと行けないし~

Tomoの宿題と勉強も見ないといけないし~←これがかなり根気がいる作業でして・・・

風呂も入れないと~

旦那をも帰ってくるし~(当たり前ですけど・・)

夜は毎晩バタバタなのに・・

その上・・・

母の愚痴も聞かないといけないし~←この時間削除したい・・・。

全力疾走だー。
【 2011/06/27 (月) 】 日記 | TB(-) | CM(2)

運動会

昨日は運動会でした。

本当は土曜の予定だったのですが雨で順延。日曜も雨で午前授業になり、月曜は振り替え休日。そしてやっと火曜に運動会となりました。

今年も通常学級の中に入って競技をしたのですが、5年ともなると騎馬戦に組体操とかなり高度なことをやります。

事前に担任の先生との連絡帳でのやり取りで騎馬戦で馬が上手く組めないことや組体操では下になって支えることが難しいことなど色々と苦戦していることを聞いていたのでどこまでできるか気になっていたのですが、騎馬戦は通常学級の子たちと一緒に馬を組み、先生がTomoの腕と背中を支える形で一緒に動いてくださり、なんとか2回戦まで生き残ることができました。

そして組体操はTomoのクラスの子供たちだけで組んで形を作ったのですが、通常学級の子供たちが逆立ちやひざに乗せるような難しい技をする場面では肩車や子供たちができる範囲のポーズでこなしていました。

一番太っちょのTomoちゃんは当然いつも支える方なのですが、ちゃんと支えられるのか??と見ているとTomoが同じクラスの子を肩車してるじゃないですかーーー。

小さい頃は言葉の教室などでおんぶして音楽に合わせて遊ぶときなど私に掴まることができず、いつも落ちそうだったのに今は人を支えることができるなんて・・・

色々今までのことを思い出してしまい目はウルウル・・・

最後のほうは通常学級の子供たちが3人で仕上げる難しい形をTomoのクラスの5年生5人の子供たちが3人の補助の先生に支えられながら1つの大作に仕上げたときは本当に感動しました。

1人ではできないことも沢山あるけどハンディがあっても皆で力を合わせて理解ある人の手も借りれば不可能なことなんて無いんだよ!そんなメッセージにも思えて・・・またまた涙がポロリ・・。

私のところには卒業生や今年退職された先生、学童保育でお世話になった先生などが声を掛けてくださり、Tomoのクラスの応援を皆がしてくださいました。


本当にありがたいことです。

組体操の後、児童席に戻ってきた先生方とTomoたちはとてもすがすがしかったです。

先生方はかなりホッとした様子でした。

後から担任の先生からの聞いたお話だと沢山の方に感動したとお声を頂いたそうです。

保護者以外にも同じように思ってくださった方々がいたことに心から感謝したいと思います。

頑張ったね!Tomoちゃん!みんな!


*後半の記事は都合によりカットしました。ネットと言う環境では微妙な話なのでとりあえず編集しなおしました。すみません。

【 2011/06/01 (水) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。