がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々のひとりごと

どうも!
久しぶりの更新です。
以前使ってたテンプレに変えてみました。ちょっと秋っぽいでしょ??


気がつけば夏過ぎてました。

まぁ、その間にもTomoに関するエピソードは色々ありましたけどね・・・。

ネットという環境上、書けるもの書けないもの色々考えているとつい、書き込むのがおっくうになってしまうんですよね。

やっぱり体が大きくて目立つ分、超えなくてはいけないハードルは高く、しかし本人の内面は幼いままですから一つ一つ何度も何度も教えて行くのに時折疲れてみたりして・・・。


「この前も言ったじゃん!!何度言えばいいのよ!」なんて禁句もポロリ出ちゃったりして・・。


はっ!っと我に返って気を取り直して「こうじゃないの!こうするのよ!」と改めて言えば「お母さん怒ってる~。うううう・・・」と泣き出すし・・・。

Tomoにとっては怒られている内容はどうでも良くて「怒られている」ということしか頭に残ってなかったりするんですよねぇ・・。

でもこちらも絶対にしてはいけないこと、2度と繰り返してはいけないことに関しては言葉の理解が十分ではないからこそ口調を強くしないと伝わらないという思いもあります。

一歩外に出れば守るべき暗黙のルールが沢山・・・。

しかし、Tomoの中にもTomoの世界があってTomoのルールがある。

バスに乗ろうとすれば降車ボタンの形が違うだの椅子のシートの柄が違うだの言ってバスの停留所で「乗らない!乗らない!」と騒がれたり・・・

この前はそれで1時間以上バス停で待ちましたが、運悪く全てTomoの苦手なバスばかりで結局タクシーで帰りましたっけ。。。

周囲の人が許してくれるなら泣きながらでも頑張ってどんなバスにも慣れるように「来たバスには乗りましょう」というルールを刷り込ませたいところですがその状況で乗ってしまえば30分は泣かれること間違いないですしね・・・。

バスの中で大きな声で泣かれると周囲に迷惑が掛かり、こちらも乗ってられません。

今はどうしても苦手なバスで乗れないときは騒がずに静かにバス停で待つこと、バスの中では泣いたり大きな声は出さないこと、どうしても乗っているのが辛かったり静かにできないときは途中でもバスを降りることを約束しています。


でもこれからのことを考えると、こういうバスへのこだわりも克服していかないと、一人でバスに乗らないといけない年齢になったときに学校や職場に遅刻したり、家に帰って来られないなんてこともあるかも知れません。

Tomoはバスは嫌いじゃないんですよねぇ・・。むしろ好きなんですよねぇ・。
ただ、苦手な車種のバスと好きな車種があってそれに強くこだわりが出てしまうと乗れなくなってしまうんですよねぇ。

特に特別支援学校の高等部は基本的には自立登校なので重度のお子さんは親御さんの車で登校するようですがそれ以外のお子さんは路線バスを利用することになります。

一人でバス通学かぁ・・・


まっ・・・・・たく想像できません!!


この前、特別支援学校の説明会に行ってきたのですが、スクールバスは定員いっぱいで高等部までは余裕がないそうな・・・。

私はてっきり高等部にスクールバスがないのは自立の訓練のためだと思っていたのですが意表をつかれた感じです。


今、市内の小中学校の特別支援学級も毎年増設されているのですが、一方、特別支援学校への入学者も年々増えていて中学部に関しては本来1つの教室に1つのクラスが割り当てられるところ、1つの教室に2クラスが使用しているとのこと。


実際に見学してみると1つの教室の真ん中をパーテーションで仕切ってあるのですがかなり窮屈な感じでした。

学校側からも「必ずしもご期待に沿える教育環境ではないかもしれないということをご了承ください」という説明がありました。


一方、学区にある中学校の特別支援学級ですが、4年前に設置され2名の生徒から始まり現在は19名・・・。

多い・・・・。

しかも軽度のお子さんが多く、Tomoのように言葉に大きな障害を抱えているようなお子さんはあまりいないようです・・。


聞いた話では市内に職業訓練を目的にした軽度のお子さんを対象にした別の高等部のみの特別支援学校があるのですが、そこに入学実績をつくるために結構無理させているとか?

漢字検定やら英検合格なども目標にしてるとか?

ちなみに通常知的障害の特別支援学校の高等部の場合、面接は一応行うらしいですが受験らしき受験はなく、基本的には希望すれば入学が可能のようですが、この職業訓練の特別支援学校に関しては学科の『お受験』がありまして(作文と面接だったかな?)、就職率が良くて人気が高く、都立なので広範囲で志願者が集まるため、そこらの普通の都立の高校よりも倍率が高いと聞いています。


障害児の世界にもお受験があるなんて・・うそのような本当の話です。


まぁ、おそらくTomoには関係ない話ですが。


進路・・・5年生のうちにおおよその方向性を決めて置いてくださいと担任の先生から言われています。(特別支援学校にするのか地域の中学校の特別支援学級のするのか)


特別支援学校は今年度はすでに2回見に行ってるのですが、今までの環境を考えるとやっぱりソフトすぎるんですよね・・。多分Tomoはできることが増えて楽しく通えるとは思いますが多分その環境に甘えてしまいそうな気もします・・。

それと言葉の発達への躓きの大きいTomoですが今まで言葉でのコミュニケーションのできる子供たちの中で育てられた部分も大きかったので、その部分を考えると・・・ちょっと考えてしまうんですよねぇ・・。

でも地域の中学校は内容的について行けるかかなり心配がありますし・・。

密かにイジメの問題も気になってます。

中学校では特別支援学級が設置されていない他の小学校からも子供が集まってきますからね。
実際、他の学校の出身の子供からのからかいがあるようですし・・。

中学校は小学校よりも自主性を求められるでしょうし、どこまでそのフォローをして貰えるのかという心配もありますしね・・。


以前も同じこと書きましたが・・・


特別支援学校と特別支援学級・・・その間の丁度良い~学習環境ってないですかねぇー。

特別支援学校の見学に来ていた他の小学校の親御さん方も口を揃えて同意見でした。

IQ的には地域の中学校の特別支援学級でもおそらく大丈夫なのかな・・と思いますが、内容的には特別支援学校がベストなんだろうなーと今のところ感じています。

で、肝心の本人は「中学校は特別支援学校に行くの!」と勝手に決めてます。理由は以前もブログに書きましたが特別支援学校の廊下にTomoの好きなからくり時計があるからだそうです。

・・ってな感じで特別支援学校になりそうな流れになってますが、ちょっとした問題がひとつ。

旦那の母が特別支援学校に行かせることにかなり抵抗があるようでして・・

今だに「大きくなれば良くなる。普通の中学校に行かないと普通に近づけない。障害者の中では特徴が重くなるだけ」みたいなことを言ってたりするのでその辺り、ひともめありそうな・・。

思い込み、激しいわー。
まだTomoの障害を受け止めきれないということなんだと思いますが・・。

Tomoの母親として義母には心配をかけて申し訳ないと思っています。


でも実際に通うのはTomoなので、できれば両方実際に授業の様子、学校の雰囲気、体験授業などにも参加して改めて本人の意見を聞いた上で決めたいと思っています。

地域の中学校にもTomoのクラスの先輩が沢山通っていますし、意外にそっちのほうが良いと言い出すかも知れませんしね。

どちらにしてもTomoには大きな背伸びはさせたくない、Tomoが通いたいと思う学校に通えたらいいな・・というのが私の今のキモチかな・・。
スポンサーサイト
【 2011/10/19 (水) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。