FC2ブログ

がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひとり反省会

Tomoちゃんはいつも6時半に自分でセットした目覚まし時計で起きます。

そして自分の部屋から隣の部屋へ移動し私が寝ていた布団に包まりながらNHKの教育テレビを着け、6時55分に始まる「0655」という5分番組を見、「二度寝注意報」という歌を聞きながらウトウト二度寝しつつ、7時になるとパチと再び目を覚まし、「おはスタ」で”ケシカス”くんのラップを聞いてやっと自分の部屋に戻り着替えを始めます。

折角6時半に起きているのに着替えが7時5分から・・・

その間、私は何度も「もう着替えなさい!」と2階へ上がって言いに行きます。

しかし彼女の中のこだわりで”「ケシカスくん」を見るまでは着替えない。着替えは自分の部屋で”というのは譲れないようで私の焦りの言葉は右から左へ受けながされ・・(←懐かしいフレーズ)

そして機敏に着替えることもなく、のんびり7時半近くに下りてきてご飯を食べ、やっと50分ごろ家を出る・・という感じでしょうか・・・。

時間があまりないので歯磨きも本人が磨くのはざーっとだけ、仕上げは私が・・というかほとんど私が磨いてる状態・・。そのおかげか今も生まれてこの方虫歯ゼロを維持してます。

虫歯は困るけど・・これでいいわけがない~。


髪の毛の寝癖を直すのも私・・・

身辺自立はどこへ~????


もちろん本人にも促しますけどね。

この時間感覚のなさ、危機感のなさ、結局私が待てずに手を出してしまいます・・。

で、今日はTomoちゃんは目覚ましをセットし忘れたらしく、7時過ぎても2階からの物音がせず・・・行ってみるとまだベッドで寝てる~~!!

時刻は7時15分・・・

やばし!!!

Tomoに慌てて「もう7時15分だよ!!起きて!遅刻しちゃうよーーー!!」と言うと寝ぼけ眼で起きてきました。

普通、これぐらいの年齢の子供だったら「遅刻しちゃうー!!なんで起こしてくれなかったのー!」とか泣きながら準備をしそうなもんですが、Tomoちゃんは違います。

ボーーーっとしてから気がつけば2度寝。5分後ぐらいに慌てて隣の部屋へ行って「あーーん!終わっちゃったよーー!!」とプチパニック。でも意外にすぐに気持ちが切り替わり、自分のベッドへ戻り、またボーーー。

私「Tomo、もう20分だって!急いで!!」

Tomo「あい。(←はい)お母さん下行ってー。Tomoちゃんひとりー。(←一人がいい)」

仕方ないので私は1階へ。

しかーし・・時間がないというのに全く1階に来る気配なし・・。

再び様子を見に行くとまだ着替え終わってないーーー!!


そしてココから私の空回りな焦りが始まる・・・

「ねぇ、もう40分になっちゃうよ!もう家を出てる時間だよ!早くしなよ!」

そんな言葉に微塵の焦りを見せることなく着替えの進まないTomoちゃん・・・

そんな状況に私も熱くなる・・・

「ねぇ、なんでボーっとしてんのよ!時計を見てごらん。ほら今何時なの?学校始まっちゃうでしょ!」

そして冷静に「7時55分」と答えるTomoちゃん・・・。


7時55分と言えば、いつもなら既に歩いてる時間です。

下手したら学校に着いている時間かも・・・。

時計は読めても遅刻するという危機感がないのは本当に困ります。

そして彼女の朝のこだわりは「朝ごはん」。

どんなに遅刻しそうでも、絶対に食べないと学校へ行こうとしません。

すでにいつでも食べられるようにスタンバイしていたのですが、今日は本当に時間がない!!

「もう食べないで行こうよ」と言うと「ダメーーー!!!」と頭を掻き毟って騒ぐTomo。

時刻はとうとう8時を過ぎました。

密かに旦那に通勤途中に送ってもらえないかな~と期待をしていたのですが、旦那は焦りの極致の私を横目に「じゃ、行って来るね~」と、サッサッと出て行き、(←多分Tomoのためにならないと思ったと思われ・・・)学校の玄関で腕を組んで待っている先生を想像しながら急いで学校へ。

いつもなら途中からTomoを一人で行かせるところなのですが、遅刻の説明と謝罪をしないといけません。

Tomoはいつも私と別れる道のところで「お母さんはお家帰るのー!Tomoちゃんひとり!!」と騒がれましたが、「Tomoちゃんの遅刻はお母さんの遅刻と同じなの。お母さんもTomoちゃんと一緒に怒られないといけない。それだけ遅刻はいけないことなの!」と一喝し、迫力負けしたTomoはそれから騒ぐことなくメソメソしながら一緒に学校まで歩きました。

学校へ着くとやっぱり先生が腕組んで待ってました~。

Tomoの担任になって4年目の先生です。入学当初からのお付き合いです。
Tomoの性格や特徴のみならず、長年の毎日の連絡帳を通して親の私のこともよくご存知です。

先生は私に注意もせずTomoを叱ることもなく笑顔で淡々と接してくださいました。

今日は朝礼で早く登校しなければならかったので余計に心配したはずです。

Tomoを先生に受け渡したあとの帰り道は私の一人反省会です。


Tomoに時間管理が身についてないのは親の責任だ・・。

いつも目覚ましで起きられてるから・・・と確認しなかったのも私の責任・・。

もっと自分の朝の準備(食事や連絡帳の記入など)を早くしていればTomoにつきっきりに準備ができていたのに・・。

焦りすぎてTomoを責めすぎてしまった。

私は時間の危機感を知って欲しくてTomoに色々オーバーリアクションで言っていたところもあるのですが、Tomoにはそれよりも「お母さんが怒ってる・・嫌だなー」の気持ちの方が強いようでして、時間の危機感というところまでは実感できてなかったようです。

一方自分の興味のあることに関しては「早くしなくちゃ!」という気持ちで挑むこともあるんですけどね・・。

はぁーー・・

そもそも私も学生時代は遅刻ギリギリ人間でした。

大人になった今は元々おっちょこちょいという自覚もあって事前準備と確認をしっかりしてすぐに出られるように気をつけてるつもりですが、時々悪い癖が出てバタバタと遅刻ギリギリ・・ということもあります。

きっとそういうところも知らぬ間にTomoの中にも身につかせてしまったのかもしれません。

学校は将来の社会生活のための学習の場だと思います。

仕事や約束で遅刻は絶対にいけません。

私自身の意識がしっかりしていないと子供にも伝わらないですもんね・・。

Tomoには経過の間隔の分かる何か教材が必要かもしれません。

一応、以前ウォールポケット式の予定表を作ったこともあったのですが、あまり見てくれず・・・


スケジュール表

今じゃただの壁の一部と化してます・・・。

はぁーーー。

しっかりしろーあたしー!

がんばらなくちゃ。
スポンサーサイト
【 2010/11/29 (月) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。