がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

先日の話ですが

先日授業参観がありました。


洗濯でモタモタしてたら1時間目の体育を見逃し2時間目の算数から参観しました。

Tomoのクラスでは算数や国語は学年別ではなく、能力別にグループ分けをして学習しているのですが、Tomoは一応一番進んでいるグループにいるものの、一番集中力なく、教壇の目の前なのに少々上の空。

今日の算数は「かさ」のお勉強。

1ℓ=10㎗=1000㎖ みたいな。

正直、㎗っていう単位、しばらーく忘れてましたね。私。

㎖は頻繁に使うから身についてますが、㎗は使わないなー。

なんてことをブツブツ思いつつ、先生から質問を受け次々答える子供たちを見ていました。

先生から1ℓビーカーと2㎗(1㎗ビーカーx2)の絵を見せられ、「これはなんと言いますか?」という質問に「1ℓ2㎗です!」と答えてる子供たちをきちんと見てなかったのか?同じ質問をされてTomoは「1ℓとー、2つ。」と答えてました。


そしてそのあと1ℓ=10㎗=1000㎖ に関する問題を口頭で出され、なかなか整理ができないTomo
ちゃん。


でもプリントになるとできたりするんですよねぇ。

やっぱり「聞く力」の弱いTomoちゃんです。


授業参観だとどうしても他のお子さんたちとの差、見ちゃうんですよねぇ・・。

皆ちゃんと先生の説明に集中して見てるのにTomoだけファンタジー突入状態。


なにやら頭を左右に振って目線は天井、そしてにやにや思い出し笑い・・。


一度でいいからパカっと頭の中開けて見てみたいですわ。どんなことで頭の中いっぱいになってんだか。


先生から時々注意を受けながらもなかなか現実世界戻れないTomoちゃん。


こんなんで本当に中学大丈夫か心配で仕方ないですわっ!

しかもなんとなーく同じ学習グループの他の子たちと学力的にも差がでてきているのかなーと感じます。


まぁ、逆に言えばTomoのような見た目障害が重そうな子が学級で一番難しいことをやってるグループにいることのほうが奇跡なのかもしれませんが。


ちなみに他に社会や図工も見ましたが、社会は歴史をやっていて、安土桃山時代から江戸時代に入るところをやってました。

いやー、ざっくりした内容とは言え、特別支援学級とは思えないレベルでした。(^_^;)

と、いうか、Tomoに歴史の概念あるのかなー・・・・?と思うのですが、一応先生から当てられて縄文時代から江戸時代までの○○時代を順番に答えていましたが・・。


単に名前覚えただけでしょうねー。たぶん。

でも他の子(特に男の子)は歴史好きが多いようで興味を持って先生の話を聞いていましたねー。


いやー、正直、羨ましい。


でもまぁ、私も子供の頃、社会科が嫌いでしたし、特に歴史は興味がないと本当に頭に入りませんからねー。
Tomoのことは言えませんけどね。(^_^;)

休み時間、教室のすぐ隣にあるトイレに入ると換気扇のところにTomoの絵がファンを隠すように貼ってありました。


それはTomoがトイレにある換気扇が苦手で入れないため先生が考えて対応してくれたものでした。


トイレへのこだわりは長いですねー。

それは小学校入学のころからありました。

そのときは教室横のトイレが古く、換気扇も古いものがついていて余計に入りづらかったようなのですが、その時の担任の先生はTomoが当時好きだったシナモロールのハンカチをトイレの中に貼ってくれ、入れるようにしてくれました。


しばらくすると少し離れたところのトイレが改修され、そちらに入りに行くようになってまた教室横のトイレには入れなくなり、ほぼ振り出し状態に。

その後高学年になって教室横のトイレも改修されることになって綺麗になったのですが換気扇は健在で(新しい換気扇にはなっていましたが。)やっぱり入れず、先生が手を打ってくれたというわけです・・。


ちなみに中学もトイレはかなり古くて体験入学のときも入ることができませんでした。


こりゃ、中学は難しいかなーと思っていたのですが、中学も改修工事が3月までに完了するとのこと。

どんな風になるんだか・・。

同じ公立なので小学校と変わらない雰囲気のトイレになるのかなーと想像してますが、正直、中学に関してはほかのことはなんとかなるかなーと思っているものの・・・

実は・・・

トイレが一番心配です・・・。

閉鎖感がダメだとドアを開けて入ろうとしますしね。

それは絶対に避けたい事態!

でも中学の先生が小学校の先生のような細かい指導をしてくれるとも思えませんしー。

基本、中学校の特別支援学級の先生は普通の中学の先生ですからねー。

期待もあまりしてません。


一応外出のときなどはデパートやお店のトイレで古くないところだったらおおよそ一人で入れます。少々汚くても駅のトイレなんかも大丈夫ですね。和式は入れなくもないですが苦手です。

新しいトイレでも「音姫」や自動洗浄装置のアナウンスの流れるトイレ、また木村技研っていうところの洗浄機のあるトイレがダメですねー。

「音姫」と洗浄機のアナウンスは「音」ってことで過敏に反応してしまうのは理解できるのですが、なぜにメーカー名にこだわる?


その感覚・・・Tomoにしか分からないのでよく分かりません。

まぁ、公立中学校に音姫やら自動洗浄装置なんてついてないでしょうから換気扇さえなければ大丈夫だと思います。というか・・思いたいー!


とりあえず、4月までに色んなトイレに入れるように頑張りマース!(・・・って長いこと頑張ってるんですけどー)(;´Д`A

そしてちょっと作戦練ります・・。
スポンサーサイト
【 2013/01/21 (月) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。