がんばるTomoちゃんとの日常

自閉症児Tomoちゃんを育てるちょっとおっちょこちょいな母のブログ。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴールデンウィークその2

GW、随分過ぎちゃってますがとりあえず続きを・・・


5月の連休は旦那の両親と長野方面にドライブへ行きました。
今回は義父母のリクエストで駒ヶ根、伊那市方面へソースカツ丼で有名なお店に食べに行きました。

実は2年ほど前にも旦那がネットで調べて両親を連れて来たことがありました。


それから間もなく義母に重大な病気が分かりもう家族で出かけるのは無理だろうと思っていたのですが、医師の予想も外れるほど薬が長期に渡り効き、2年以上なんとか元気に過ごすことができました。

しかし、最近になって薬が効かなくなってきているようです。
体力も随分落ち、すっかり疲れやすい体になってしまいました。体の中でも病気が再び進行しているとのこと・・。

まだ元気なうちに好きな場所に連れて行ってあげよう・・

ってことで、義父母にどこに行きたいか聞いたところ、「あのおいしいカツ丼」が食べたいとのことで皆で行くことにしました。

GWで高速は割と混んでいましたがこまめに休憩を入れて行きは5時間、帰りは渋滞で7時間かかりました。

行きの途中、トイレ休憩に寄ったPAでTomoは「“だれでもトイレ”入る~」と言って他のトイレから少し離れたところにある身体障害者用トイレの前に行きました。ちょっと雰囲気が怖いかな~という感じの外観だったのですが、中をどうしても見たいようで「女子トイレに行こう!」と行っても「ダメ!ダメ!どこでもトイレ!!」と大きな声で主張するTomoちゃん・・。

あいにく女子トイレは長蛇の列・・・

このまま強引に女子トイレに行くよりはこっちに一緒に入ったほうがすんなり行くかな~・・・

と、思ったのですが・・・


中の人がドアに鍵がかかったまま全然出てこない・・。


この中に人は本当にいるのか?というぐらい・・シーーン・・・


私がTomoに「多分ここはすぐには入れないと思うよ。だからあっち(女子トイレ)行こうよ」と言うと、頭をかきむしって「あー!!ダメ!!ダメ!!ここ入る!!」と騒ぎ出しました。


Tomoが大きな声を出した途端、中から男の人の怒鳴り声みたいのが聞こえ、ちょっと怖い感じがしました。


中からいきなり逆上した人がでてきたらどうしよう・・とか色々考えたのですが、Tomoにいくら言っても動いてくれない・・。


そしてTomoが大きな声を出すたびに怒鳴り声・・

何言ってるか分からない声だったのでこの中で何か犯罪とか??

まさか~???


なんか色々考えすぎて・・・


どうする?どうする?
 
あたし、どうする~??? 


こんなに自閉っ子の融通の聞かなさに困ったと思ったことはないぐらい私の中では緊迫してましたね・・。

もしこのドアが開いた途端に何かあったら私がTomoを守らないと・・

そんなことまで考えていました。



「そうだ、ここは少林寺5段の旦那を呼ぶべし。」


ってことで、携帯で旦那を呼びました。


旦那には少しだけ離れたところにいてもらいしばらく待っているとTomoのほうから「だれでもトイレは入りません」と言って女子トイレに行ってくれホッと一安心。


しばらくして旦那が身体障害者用トイレを見に行くと丁度他の人が入るところだったらしいです。

その人もTomoと同じような障害を持ってる人みたいとのこと。付き添いの方と一緒で独り言が出ていたらしいです。


そうか。


身体障害者トイレを利用する人は体が不自由な人だけではないわけですねー。



ってことは、Tomoの前に入ってた人もそうだったのかも??


と、思うとTomoの大きな声に過敏になってしまうのも理解できるような・・・。


もしかして介助者の方と一緒に入ってたのかな?


改めて考えてみると介助者とのやり取りの中でそういうふうに聞こえたのかも知れません。


中には発音や声の大きさの調整が難しい方もいますし。


なんか・・ちょっと盲点でした。


義父母の前で旦那と「じゃあ、Tomoの前の人もTomoと同じような障がいを持ってた人だったのかな?」と言っていたら、黙ってはいましたが義母はちょっと嫌な表情をしてましたね・・。
「Tomoはそんなんじゃない!」みたいな・・・自分の子供を障がい者というくくりにするな的な?まだ受け入れきれてない感じなんだと思います・・。


Tomoを可愛がってくれているからこそなんですけどね。


中学入学の時も障がい者ばかりの中だと余計に悪く(重く)なる。(←この考え方・・何なんだ・・)
なるべく普通中学校がいいとずーーっと義母に言われてましたしー。


その度にTomoにあった教育が普通中学校が一番というわけじゃなく、一番大切なのはTomoが将来自立した生活ができるかどうかということであり、勉強だけの問題ではないんだよー的なことを嫁の立場でありながら説明を何度もしてきたんですけどねぇ~。

なかなか難しいですねーー。


結局学区内の中学の特別支援学級に進学はしましたがあくまでも夫婦間でよく話し合った結果。

Tomoには言葉溢れる環境の中、地域の他の子供達と同じように自分の居場所がこの場所にあるんだという意識と共に自立心を培って欲しい。見て、聞いて、感じて学んで欲しい。そんな思いありました。

とはいえ、正直、私の中では今のTomoの言葉の能力的なことやこだわりの強さなど考えたら特別支援学校という選択肢はずーーっと心の片隅に残ってましたけどね。

旦那は特別支援学校の見学もした上で地域の学校へ行かせたいと強く主張していました。

・・・とかなり横道逸れました。すみません。(^_^;)


さて、休憩のあとはいよいよソースカツ丼のお店に到着!

相変わらず混んでましたが20分待ちぐらいで入れました。


そこのお店はロースのソースカツ丼が分厚いのに柔くてジューシーで美味しいのですが、周りがほぼソースカツ丼を注文する中、Tomoは・・・

「カツカレーにします。」by Tomo

ときた。


え?


ここまで来てソレ頼む~??


まぁ、本人の決意は固いので一人だけカツカレー頼みました。(ちなみに前回もカツカレー食べてました。)


Tomoちゃん、PAでおばあちゃんに焼きそば買ってもらって食べてたくせにまるで何も食べてなかったのかい?ぐらいのスピードでカツカレーを完食。

Tomoが早く食べ終わっちゃうと即ファンタジーに入っちゃって独り笑いや独り言がすごくなっちゃうので落ち着いて食べてられないんですよねぇ・・。


私も分厚いカツと格闘しながらTomoに時々話しかけながら独り言にならないように何を思い出して笑っているのかとか何を想像しているのかとか色々聞き出しながらなんとか完食。


食事の後は「かんてんぱぱガーデン」へ行きました。


知ってます?「かんてんぱぱ」。

かんてんぱぱ ババロリア ババロアの素 ストロペリー 5個分X2袋入かんてんぱぱ ババロリア ババロアの素 ストロペリー 5個分X2袋入
()
かんてんぱぱ

商品詳細を見る



とか・・


かんてんぱぱ パオパオ杏仁75gX5袋杏仁シロップ40gX5かんてんぱぱ パオパオ杏仁75gX5袋杏仁シロップ40gX5
()
伊那食品工業株式会社

商品詳細を見る


とか

かんてんぱぱ 寒天のスープ 玉子 36g(6食入り)かんてんぱぱ 寒天のスープ 玉子 36g(6食入り)
()
かんてんぱぱ

商品詳細を見る


とかいろんな商品があるのですが・・・


「かんてんぱぱ」は伊那食品工業株式会社という寒天の食品メーカーのブランド名なのですが、「かんてんぱぱガーデン」はその工場やショップ、飲食店や庭園などを併設した大きな施設で観光地にもなってるみたいです。


ショップ内は試食コーナーもあって、すごい混雑!

商品のラインナップも工場直営だけあってすごい!

寒天って侮れないですね・・。


試食コーナーでTomoと義父とTomoと3人で座ってゼリーを食べていたときのこと。

Tomoの真向かいには3人の小学生の女の子達が座っていました。

多分高学年くらいかなー。

一人の子がDSか何かやってる後ろで2人の子がゲームを見てる感じだったのですが、Tomoが私の問いかけに答えずに独り事に夢中になって視線も合わせずにニヤニヤ甲高い声で何かしゃっべている姿に気がつき他の女の子たちとコソコソ話。

3人の女の子は首をかしげながらもTomoを凝視。

そのあともTomoを見て笑ってみたり・・



最初は私も気がつかないフリして気にせずTomoに普通に話しかけてたのですが、流石に相手は子供とはいえ、ちょっと不快に思ったのでTomoに声を掛け席を立ちました。


子供は結構露骨ですからねー。


不思議がる気持はわかりますけど・・

でもやっぱり、ちょっとねぇ・・。失礼ですよ。


だってTomoがうるさくしていたとか、何か迷惑をかけるような非があれば何を言われても仕方ないですが、Tomoの声はヒソヒソ話レベルの小声でしたし、その子達をみていたわけでもないですしね。なのに目の前でああいう感じはちょっと失礼な話だと思います。
しかも私と義父も目の前にいるわけですし。


残念ながらその子達の親は遠くにいたようですが・・。


でもこういう場面、今回に限った話ではないですけどね。


我が家では比較的「あるある」な話だったりしますけどね。


Tomoの母親になって12年。かなり受け流せるようにはなったけど、まだまだ心臓に毛が生えてこない私なのでした・・。


早く心臓に毛生えてこーーーい!(゚Д゚)ノ


あっ、そうそう、我が家で「とろけるプリン」っていうプリンの素を買ったのですが寒天が入ってるからさぞかしボソボソしたプリンになるだろうと思いきや、すっごいおいしい、まさしく「とろけるプリン」が出来ました。作り方もお湯と牛乳を混ぜるだけ。超簡単でおすすめです!

ネットの口コミではババロリアや杏仁豆腐なども美味しいみたいですよ。このデザートシリーズはハズレがないと書いている人を複数見かけたので本当にそうなんだと思います。

楽天やアマゾンで売ってるので良かったらお試しあれ~。


かんてんぱぱ とろけるプリン 5個分X5袋入かんてんぱぱ とろけるプリン 5個分X5袋入
()
かんてんぱぱ

商品詳細を見る



我が家では「とろける杏仁」をこれから試す予定です~。

かんてんぱぱ とろける杏仁(杏仁豆腐の素60gX5,杏仁シロップ40gX5)かんてんぱぱ とろける杏仁(杏仁豆腐の素60gX5,杏仁シロップ40gX5)
()
かんてんぱぱ

商品詳細を見る



このブログ、アフェリエイトじゃないんですけどすっごいかんてんぱぱに貢献してるような・・。

まっ、いいか~。


なんか雑な終わり方ですみません。
スポンサーサイト
【 2013/06/12 (水) 】 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しろたまご

Author:しろたまご
ブログではほとんど語ってませんが実はかなりの天然系で筋金入りのおっちょこちょい。

サザエさん的エピソードを結構持っている私でございます。



娘のTomoは知的障害を伴う自閉症と診断されています。
特別支援学級(心障学級)に在籍中
2013年4月に中学1年生になりました。
私のHPです。只今リニューアル中↓↓
ぷよんぷよん
======================
【自閉症について】
自閉症は原因不明の生まれつきの脳の機能障害で視覚や聴覚、触覚などから入る情報の処理に問題があると言われている認知発達障害です。

名前のイメージで「心の病」と勘違いされがちですが全く違うものです。
あしからず。

(自閉症の3大特徴)
①対人関係の障害・・・本人の発達レベルにから考えて明らかに他人への関わり方が乏しい・・・共感性の欠如・集団行動の困難さ・
②言語発達に遅れと異常が見られる ・・・話しかけられた言葉の理解ができにくい、言語をコミュニケーションの手段として上手く使えない
③環境の様々な変化によって常同行動が見られる・・・同じ行動を何度も繰り返す・パニック・感覚異常・こだわり

*自閉症の人は視覚優位と言って耳から得る情報より目から得る情報を処理する能力に優れています。よって、知的能力に偏りがあります。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
FCブログランキングに参加中!

今日もポチっと↓よろしくお願いします!


======================



現在の閲覧者数:


======================

東京電力管内電力使用状況
地震予知
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。